078KOBE 2021 オープニングトーク

078KOBE 2021のオープニングは、福岡共同実行委員長とINTERACTIVE部門スタッフの岩田かなみさんを交えて、今回の開催に至った経緯や思いについてお話をさせていただきます。

11/6と11/7の2日間にわたる様々な実験をお楽しみいただく前にぜひお聞きください。

📺ご視聴はこちらから
https://www.youtube.com/watch?v=kI9qXrcSyyY

出演者


登壇者:福岡 壯治
078実行委員会 共同実行委員長
神戸電子専門学校 校長

神戸生まれ神戸育ち。甲南大学経営学部卒業。コナミ社でのゲームソフト開発、トライシス・インターナショナル社(現サイバード社)他の起業を経て現職。
文部科学省委託事業「オープンソースソフトウェア分野の人材育成を目的とした4年制学科における産学連携教育プログラム」実施委員長他国家予算カリキュラム開発責任者を歴任。
公益社団法人兵庫県専修学校各種学校連合会副会長、078KOBE共同実行委員長、地域ICT推進協議会 副会長、音楽のまち神戸を創る会代表世話人、神戸ホワイトディナー実行委員長
趣味:バンド演奏、クラブDJ/ハウスミュージックの聖地SPACE LAB YELLOWにメインゲストとして招聘され、米ネバダ州で開催されるBurning Man へも出演を果たす。



登壇者:岩田 かなみ
パラレルコミュニティコーディネーター

人と<情報×場×チャンス>が有機的につながり新しい価値が生まれる、想いを形にする人が増える場づくりを仕事にすべく、2019年2月からフリーランスのキャリアを開始。
神戸を中心に複数のコワーキングスペースや一般社団法人、スタートアップの運営に参画し、イベントやプロジェクトにてコミュニティマネジメント、企画・運営・広報を担当する。



司会:脇浜 紀子
京都産業大学 教授

読売テレビのアナウンサーとして、「ズームイン!朝!!」の全国ネットキャスター、「ミヤネ屋」のレポーターなど、25年間にわたり報道・情報番組等を担当。2016年末で早期退職し、2017年4月より京都産業大学現代社会学部教授に着任。2000年に南カリフォルニア大学修士号を、2010年に大阪大学大学院国際公共政策博士号を取得。著書に、「テレビ局がつぶれる日」(東洋経済新報社、2001)、「ローカルテレビの再構築〜地域情報発信力強化の視点から」(日本評論社、2015)。「メディア・ローカリズム〜地域ニュース・地域情報をどう支えるのか〜」(中央経済社、2019、編著)。主な研究分野は地域情報・地域メディア。
https://twitter.com/wakihama_kobe